くすみに効果のある洗顔料人気ランキング

若いころは気にならなかった「くすみ」。30代40代50代と年齢を重ねるごとに、なんだか顔の色が暗く感じるということはありませんか?

顔色のトーンが暗くなり、なんだか老けて見えてしまう。それを隠そうとして、下地やファンデーションを厚塗りしてしまう。結果さらなる老け顔を招いてしまうといった悪循環になることが多くの女性に見られます。

「くすみ」には何種類かの原因があり、原因によって対策も異なります。自分のくすみの種類を理解して、それに合った対策を取る必要があるんですね。

今回は、くすみの原因と対策、洗顔による対策をする場合のオススメ洗顔料について解説していきたいと思います。

 

 

くすみの原因ってなに!?

肌がくすんでしまう原因は、大きく分けて5つの原因が考えられます。

 

原因その1:古い角質

古い角質がたまって角質が厚くなっていることが考えられます。これは角質肥厚といわれ、古くなった角質がはがれ落ちずに肌の表面に残っている状態です。

肌のターンオーバーが十分に行われていない時などに起こりやすい症状ですね。

角質細胞自体が若干黒みのある細胞なので、それが肌の表面に積み重なってしまうと、肌が暗く見えてしまいます。

 

 

原因その2:乾燥

肌は水分がなくなり乾燥すると、バリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下すると、様々な刺激から肌を守ろうとして角質が厚くなってしまうんですね。すると角質肥厚と同じ状態になってしまい、肌は暗くくすんでしまいます。

 

 

原因その3:血行不良

睡眠不足や肩こりなどで体の血流が滞ってしまうと、顔の血流も悪くなり肌がくもって見えてしまうことがあります。

体の冷えや運動不足、貧血なども血行不良に影響しています。

血流が悪くなってしまうと、リンパの流れも滞り、顔のむくみやターンオーバーの乱れ、老廃物の排出もうまくいかなくなってしまうんですね。

このタイプのくすみの方には、目の下のクマに悩まされている方も多い傾向があります。

 

 

原因その4:毛穴

毛穴に汚れや皮脂が溜まっていたり、毛穴がたるんでいるなどが原因で肌がくすんで見えることがあります。

毛穴の詰まりは、Tゾーンや鼻に見られることが多いです。毛穴の皮脂腺から分泌される皮脂と古い角質が混ざって角栓になるのが原因です。

毛穴の開きですが、毛穴の大小は実は遺伝的な要素が大きいのをご存知ですか?

男性ホルモンの量が多い人ほど毛穴の皮脂腺が大きく、毛穴も大きいんですね。男性ホルモンの量は遺伝によって決まるので、背が高い低いのように、毛穴の大きい小さいも遺伝で決まります。

毛穴が大きくなった、開いてきたと感じるのは、毛穴がたるんできた場合が多いんですね。

加齢によりコラーゲンやエラスチンが減り、毛穴を支えることが出来なくなるのが原因です。多くは頬に症状が出て、しずくのように垂れ下がった毛穴の形になってしまいます。

 

 

原因その5:糖化とカルボニル化

糖化は糖とたんぱく質が結びつくことによって、カルボニル化は脂肪の分解物とたんぱく質が結びつくことによって、肌が黄色っぽくくすんでしまいます。

糖や脂肪の過剰摂取、紫外線、喫煙、ストレスなどが原因とされています。

 

 

くすみの対策方法は!?

気になるひよこ
じゃあ肌がくすんじゃったら、どうすればいいの??
クマ先生
原因に合わせた対処方法を実践してみよう~!

 

対策その1:ターンオーバーを促そう!

古い角質が重なっている角質肥厚や毛穴の汚れには洗顔対策がオススメです。

肌の状態にもよりますが、酵素洗顔、スクラブ洗顔、ピーリングなどを行って、古い角質を落としてあげることでターンオーバーを促せます。

しかし頻回に行うと逆効果になるので、適切な回数を守りましょう!

オススメ洗顔料は、後ほど詳しく記載します。

 

対策その2:たっぷりと保湿してあげよう!

乾燥もくすみの原因でしたよね。乾燥した肌はグレーがかって見えることが多いです。

セラミドやヒアルロン酸など、保湿効果の高い成分が配合されたスキンケア商品を使用して、潤いのある肌にしてあげましょう。

肌の乾燥が改善するだけで、ワントーン明るい肌色になりますよ!

 

対策その3:血流の改善

体を冷やさないようにしてみましょう。

入浴やホットマスク、適度な運動やマッサージなどを生活に取り入れて、顔はもちろん全身の血流を促してあげると顔の血色も改善します。

また化粧品ではビタミンE誘導体が配合されているものがオススメです。ビタミンE誘導体には血行を促進する効果があります。

 

対策その4:食生活や生活習慣の見直しを!

脂っこい食事や甘いものを好んで食べている方は要注意です。

くすみには代謝を助けるビタミンEや、良質なたんぱく質である肉や魚・卵がオススメです。また乾燥からくるくすみには、肌のうるおいを保ってくれるビタミンAを積極的に摂取するようにしましょう。

バランスの良い食生活はくすんだ肌対策に必要なんですね。

また十分な睡眠時間をとる、飲酒や喫煙を控えることも、肌のくすみ対策になるので、自分に出来る範囲で心がけて行ってみましょう。

 

 

くすみを改善できる洗顔料は!?

古い角質を落としたり、毛穴の汚れを落としたりなど、普段の洗顔でできるくすみ対策にオススメのアイテムを紹介していきます。

 

1位:オルビス ブライトニングジェルウォッシュ

オルビスの30代からのエイジング化粧品がオルビス ユーシリーズです。

この洗顔料は泡立てない、ジェルタイプというのが特徴的です。このジュレが肌の表面にこびりついた古い角質を絡め取ってくれるので、くすみが改善してきます。

またこのジェルの中には、Wうるおいビーズというものが配合されており、潤いを洗い流すことなく洗顔してくれます。

値段は120gで1800円(税別)です。

 

2位:20年ホイップ

くすみオフに力を入れている洗顔料ですね。

とても小さい気泡である「超極小の弾力泡」というのが特徴的な商品です。この小さな泡で、汚れを吸着して離さない!肌のキメの奥の汚れまで落としてくれるという効果があります。

値段は120gで1886円(税別)です。

 

 

3位:どろ豆乳石鹸 どろあわわ

大豆イソフラボンの効果で肌にうるおいを与え、濃密弾力泡で古い角質や毛穴の汚れを吸着して洗い流してくれます。

値段は110gで2980円(税別)です。

 

 

エイジングケアのオススメ化粧品

ブライトエイジというシリーズの化粧品です。

第一三共という製薬会社はご存知の方が多いのではないでしょうか。日本のトップクラスの製薬会社で、ルルやロキソニンS、トランシーノなど有名な商品を開発・販売しているんですね。

ブライトエイジはそんな第一三共のメーカーである第一三共ヘルスケアが開発したエイジングケア化粧品です。

洗顔料もくすみ対策にばっちり効果があります。

オイルキャッチ成分というものが配合されており、余分な皮脂やメラニンを含む古い角質を吸着して、明るい素肌にしてくれます。

化粧品にも「トラネキサム酸」という成分が配合されており、くすみはもちろんハリ不足やシワ・シミといった気になる肌の悩みの原因を抑えてくれる効果があります。

エイジングケアの強い味方になってくれる化粧品ですね。

 

おわりに

肌のくすみは、顔の印象を暗くして、年齢よりも老けて見える原因になってしまいますよね。

化粧で誤魔化そうとすると、かえって老け顔になってしまうこともあります。

肌を根本からワントーン明るい素肌にしてあげることで、生き生きした健康的な顔に近付けるのではないでしょうか。

自分に合ったエイジングケアを心がけて、年齢に負けない肌を手に入れましょう!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Facebookで最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です