肌のハリを復活したい!そんな化粧品でおすすめはこれ!

年齢を重ねると、だんだんと顔や肌のハリがなくなって、たるんできたように感じますよね。

数年前の写真と鏡の自分を見比べて、なんだか年取っちゃったな~と愕然とすることがあります。

肌のハリが失われ、頬が下がってしまうと、顔が実年齢よりも老けて見られてしまうことなんかもありますよ!

今回は肌のハリを復活させるには、どうのような化粧品を使ってスキンケアをしていけばいいのかを解説していきたいと思います。

 

 

どうして肌のハリがなくなってしまうの!?

肌はなぜ、だんだんとハリが失われていくのでしょうか?

その原因はなんなのでしょう?

肌は表面から順番に、表皮・真皮・皮下組織と分類されています。

肌のハリがなくなくなるのは、主に真皮に存在するコラーゲンやエラスチンが減少してしまうからなんですね。

本来であれば、真皮がコラーゲンやエラスチンで満たされて、クッションのような役割をしてくれるため、弾力のある肌になります。

しかし加齢・肌の乾燥・睡眠不足・ストレス・紫外線・偏った食生活などといった様々な原因で、コラーゲンなどが減少し、ハリが失われていってしまいます。

 

通常コラーゲンは真皮の線維芽細胞の働きによって作られます。しかし上記の原因などにより、線維芽細胞の働きが低下してしまい、コラーゲンが生成されず、肌のハリが失われ、たるみに繋がってしまうんですね。

ではハリのある肌にするにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

ハリのお手入れはシワ対策と同じでOK!

実はハリが失われて顔がたるんでしまう原因と、シワが出来る原因は同じなんです。

どちらも原因は真皮のコラーゲンやエラスチンが減少したり、変性して起こってしまいます。

 

ただ顔のたるみの現れ方は人それぞれで、大きく分けると4つのパターンがあります。

パターン①:たるみ毛穴

たるみの初期段階ですね。多くの人が頬などの毛穴の開きからたるみを感じ始めるそうです。

ハリのある肌の場合、コラーゲンが毛穴を周りから支えています。

しかしコラーゲンが減ってくると、毛穴の周りを支えきれなくなり、毛穴が開き目立ってきてしまうんですね。

 

パターン②:涙袋

目の真下の涙袋よりさらに下に、ぷくっとした膨らみがあるのがわかるでしょうか?

目元の薄い皮膚がたるみ、眼球の周りにある脂肪を支えきれなくなり膨らんでしまうんですね。

 

パターン③:二重あご

フェイスラインがたるんでくると、二重あごになってきます。

体重が増えたわけではないのに、二重あごになってしまった場合は、たるみが原因の場合が多いです。

顔の中で、頬からあごにかけてが1番脂肪の多い場所になります。それを支えきれなくなることで、二重あごになってしまうんですね。

 

パターン④:ほうれい線

ほうれい線が目立ってくるのは、シワが原因と思われることが多いのですが、実はたるみが原因という方が多いんです!

頬の厚い脂肪支えるための、皮膚や皮下組織がたるんでしまい、顔全体の皮膚が下がってきているのが原因です。

このパターンは化粧品ではなかなか改善が難しいです。美容皮膚科でヒアルロン酸注入をすることなどで緩和されます。

 

この4パターンは、いずれも真皮にあるコラーゲンの減少や変性で起きており、シワも原因は同じです。

つまりケアとしては、たるみもシワも同様にコラーゲンを増やすように働きかける!ということになります。

 

 

コラーゲンを増やすにはどうすればいいの!?

ハリを復活させるのにも、シワを改善するのにも重要なのはコラーゲンを増やすこと!

ではコラーゲンを増やすには、どうすればいいのでしょう?

気になるひよこ
コラーゲンを肌にめっちゃ塗ればいいんじゃない??
クマ先生
コラーゲンを肌に塗っても、真皮のコラーゲンは増えないんだよ~!

そうなんです。コラーゲンを増やそうと、コラーゲンが配合されている化粧品を選ばれている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそれではコラーゲンは増えません。

化粧品に配合されているコラーゲンの目的は保湿なんですね。

なので保湿を目的にコラーゲン配合の化粧品を使用するのは正解です!

 

では真皮のコラーゲンを増やしてくれる成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

・ビタミンC誘導体

これはリン酸型ビタミンCなど、ビタミンCを肌に吸収しやすいように変えたものです。

美白効果もある優れものです。若干の効果ですが、皮脂を抑える働きもあるので、ニキビ予防や毛穴対策にも有効です。

 

・レチノール

ビタミンAの一種です。真皮のコラーゲンを増やす作用があります。

刺激が少し強いので、使用し始めには効果がありすぎて肌がカサつくこともありますが、徐々に落ち着いてくることが多いです。

 

・AHA

ピーリングコスメに配合されていることが多い成分です。

グリコール酸、乳酸、フルーツ酸などがこれにあたります。

 

・ナイアシン(ビタミンB₃)

肌の代謝を活性化してくれる効果があります。ニキビにも効果的です。

刺激が少ない成分なので、敏感肌でエイジング化粧品がなかなか使用できないという方にオススメの成分です。

 

・抗酸化成分(油溶性甘草エキス・オウゴンエキス・各種植物ポリフェノールなど)

植物エキスとして配合されることが多い成分です。

 

これらの成分が配合されている化粧品で、スキンケアを行ってあげると、真皮のコラーゲンが増えてハリやシワが改善しやすくなります。

 

 

オススメの化粧品はこちら!

では肌のハリを改善するのにオススメの化粧品をいくつか紹介していきます。

 

・アヤナス(ディセンシア)

ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドです。

ポーラ研究所で開発されたオリジナルのCVアルギネートという成分が、コラーゲンの産生を促進してくれる商品です。

またビルベリー葉エキスがコラーゲンの生成に重要な線維芽細胞の産生も促してくれます。

トライアルセットが1480円(税込)で購入できるので、自分に合うかお試し出来るのもいいですね。

 

 

・ビーグレン

リフトアップ成分が独自のテクノロジー「QuSome」によって肌の奥まで浸透してくれます。

コラーゲンを増やしてくれるレチノールが配合されているのも魅力的ですね!

レチノールは肌への刺激が強いので肌への負担が心配ですが、肌への刺激が少なくなるようになっているので安心して使用できます。

 

 

・エトヴォス

アルガン幹細胞とリンゴ幹細胞という植物幹細胞エキスに着目して作られたエイジングケア化粧品です。

この植物幹細胞エキスが肌の幹細胞を活性化してくれ、弾力のある肌に導いてくれます。

またシリコン、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料を使用していないもの、安心して使用できる目安になりますね。

 

 

・ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)

オススメの商品になっています!!

美白化粧品やサプリの「トランシーノ」を開発した第一三共ヘルスケアから、エイジングケアのシリーズが発売されているんです!

トラネキサム酸という、色々な医薬品や化粧品に配合されている、美白などに効果的な成分なんですが、実は第一三共が開発したものなんですね~!

美白効果や、肌の炎症を抑えてくれるので、様々な肌トラブルを防止してくれます。

またハリに対しては、独自のリフティングフォースが凄いんです!パンテチンという第一三共オリジナルの成分を中心に色々なエキスが潤いとハリを与えてくれます。

エイジングケアの強い味方になってくれる化粧品ですね。

 

 

おわりに

肌のハリは1度失われてしまうと、短期間ですぐに改善できるものではありません。

ハリやたるみは予防することが実は非常に重要です。

最近「肌にハリがなくなってきたな~少したるんできたかも・・・」と感じたら、それ以上悪化しないようにすぐエイジングケアを始めましょう!

手遅れになる前にスキンケアを行って、ハリのある若々しい肌をキープしたいですね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Facebookで最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です