クレヴィエルが安く安全にできるクリニックを徹底比較!

手術で切ることなく、鼻や顎を理想の形に近付けることが出来る「クレヴィエル」という方法があります。

メスで切るのには抵抗感がある、ダウンタイムをなるべく短くしたいなどの要望がある方に人気の施術方法です。

『メスを使わないというのはわかるけど、本当に安全?』

と思う人もいるかもしれません。
クリニックによっても技術なども違いますし、よくないクリニックもあることでしょう。

では実際には、どこで施術を受ければいいの?出来るだけ実績のあるところで施術を受けたい!と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はクレヴィエルを実施できるクリニックを比較しいていきたいと思います。

 

 

クレヴィエルってどんなもの?

まずはじめにクレヴィエルとは、どのようなものなのかを説明していきますね。

 

クレヴィエルとは世界初のヒアルロン酸です!

ヒアルロン酸というものは、私たちの身近に多くの商品があり、馴染みのあるものだと思います。

化粧品に配合されていたり、サプリメントや美容飲料などにも配合されていることがありますよね。

気になるひよこ
え~?じゃあ馴染みのあるヒアルロン酸とクレヴィエルでは何が違うの~?
クマ先生
普通のヒアルロン酸より凄い3つのポイントがあるんだよ~!

クレヴィエルが凄いと言われる3つの理由!

・高濃度、高密度

・弾性と粘性

・効果が長持ち

 

まずは1つ目は、高濃度・高密度ということです。

通常のヒアルロン酸よりも濃度や密度が高いというわけですが、それにより添加物や不純物が少なくなるんですね。

クレヴィエルにも、通常のヒアルロン酸注射にも、ヒアルロン酸同士を結びつけている架橋剤というつなぎが入っています。

この架橋剤が原因でアレルギー反応を引き起こしてしまうことがあります。

ヒアルロン酸自体は私たちの体にあるものなので、アレルギー反応を引き起こすことはありません。

しかしこの架橋剤は化学物質のため、アレルギー反応の原因になってしまいます。

クレヴィエルは高濃度・高密度のため架橋剤が少なく、施術後のアレルギー反応のリスクを軽減出来るんですね。

 

2つ目は優れた弾性と粘性があることです。

弾性と粘性が高いことで、キレイな形や高さを作り出し、それをキープすることが出来ます。

通常のヒアルロン酸は注入後、形を維持できないので横に広がってしまいます。

その点クレヴィエルは、横に広がることなく、形をキープし続けられるんですね。

 

3つ目は効果が長持ちすることです。

通常のヒアルロン酸注射は効果が半年~1年程度と言われていますが、クレヴィエルは1年~1年3か月効果が持続すると言われています。

最短半年と最長1年3か月を比較すると、効果が倍以上持続することになります。

 

 

クレヴィエルの注意点や危険性

とても魅力的なクレヴィエルですが、注意しなければいけないこともあります。

 

・しこりや石灰化

クレヴィエルは形をキープしたり高さを出せることがメリットです。つまり固いヒアルロン酸ということですね。

固さがあると、しこりになったり石灰化してしまうことがあるんです。

そうなると切除するのも大変ですし、キレイな高さを出すどころか、一生の傷になってしまうこともあります。

 

・血流障害

普通はいかに毛細血管を傷付けず、内出血を抑えるかを意識して施術してくれるはずです。

血管に注入してしまうことはないものだと思いたいのですが、稀に血管にクレヴィエルを注入してしまい血流障害が起きてしまうケースがあります。

血流障害が起きてしまった場合は、一刻も早く施術したクリニックや医療機関に受診しましょう。

 

・感染症

医療器具や注射など、衛生管理をきちんと行っていれば、感染症のリスクは少ないです。

しかしまれに衛生管理を怠っているところもあるので、相場よりもかなり値段が安くなっているクリニックなどには注意しましょう。

 

このような危険性もあるので、施術するクリニックはしっかり検討しておく必要があります!

 

 

クレヴィエルを施術できるクリニック

ではクレヴィエルを行えるクリニックなどをいくつかみていきましょう。

 

湘南美容外科クリニック

1度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。とても有名なクリニックですよね。

1年間の来院者数はなんと100万7872人!

2016年12月までの治療実績は381万件にも及びます。

全国に72院あるので、お住いの地域の近くにある方も多いのではないでしょうか。

 

実績の多いクリニックがいいと希望される方には向いているかもしれませんね。

安心保証がついている施術も数多くありますが、ヒアルロン酸は除外との記載があったので、クレヴィエルは保証適応外だと思われます。

 

気になるお値段

通常価格 75000円(税込み)

モニター価格 59800円(税込み)

5院限定で0.3ccで28000円(税込み)

通常価格とモニター価格の値段は何ccに対するのもかの記載はありませんでした。

 

 

加藤クリニック

東京院と大阪院の2院のようです。

実績件数はホームページ上には記載がありませんでした。

ノンストップの取材を受けていたようです。

クレヴィエルの値段(1.0cc)

通常価格 75000円(税抜き)

モニター価格 52500円(税抜き)

 

 

 

城本クリニック

こちらの城本クリニックは全国に27院あります。

これまでに10万件以上の実績があるそうです。

27院すべてで、クレヴィエルを施術できるわけではないようですね。

 

クレヴィエルの値段

0.1ccで14000円です。

一見安く感じますが、1.0ccにすると14万円になりますね。

 

 

 

新宿ラクル美容外科クリニック

新宿院と六本木院の2院です。

実績件数等の記載はホームページ上にはありませんでした。

値段はクレヴィエル・コントア1ccで69250円です。

 

 

 

渋谷美容外科クリニック

こちらは渋谷・新宿・池袋・横浜に4院あります。

クレヴィエルの値段は

0.1ccあたり10000円

モニター価格だと1.0ccで68000円となっています。

 

 

 

オススメのクリニックはここ!

もとび美容外科クリニック

こちらは新宿にあるクリニックです。

診療科目は美容外科・美容皮膚科になります。

 

医院長が西尾謙三郎さんという医師で、なんと新宿で新宿で50000件以上もの施術実績がある方なんですね!

 

もとびの由来は「本来の美しさ」=「本美(もとび)」という意味だそうです。

 

医院長の豊富な実績もオススメのポイントの1つですが、他にもオススメする理由があります。

 

その1:カウンセリング

もとび美容外科クリニックではカウンセリングをとても徹底して行ってくれます。

美容整形をするにあたって、初めの方は特にですが、不安に感じていることも多いと思います。

カウンセリングでその不安に対しても、きちんと対応してくれます。

また自分がどんな風になりたいかが充分に伝わらないと、理想と離れた仕上がりになってしまうことがあります。

カウンセリングを重視して行うため、理想の仕上がりに近くなるんですね。

 

その2:痛みや腫れを最小限に!

もとび美容外科クリニックでは、施術による痛みや腫れを出来る限り少なくできるような対応をしてくれます。

注射をする際は出来るだけ細いものを使用したり、最新設備の導入も行っています。

また豊富な経験と技術力で、痛みや腫れ、内出血を抑えるように施術してくれるんですね。

 

その3:アフターケア

施術が終われば、そこで終了というような対応のクリニックもあります。

しかしもとび美容外科クリニックでは、各施術(一部除外)に保証制度もありますし、施術後のアフターケアも医師がしっかり対応してくれるんですね。

施術後の対応が充実しているのは嬉しいですよね。

 

 

おわりに

クレヴィエルはメスを入れるわけではないですが、危険性もある施術です。

医師の技術や信頼性も、施術を受けるにあたって大切になってくると思いますので、クリニック選びや医師選びは慎重に行いましょう。

理想の自分に、安心してなれますように。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Facebookで最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です