メイク映えしたい方必見!一番変わる目元テクニック紹介!?

私の顔、全然メイク映えしないっ!

メイクしたのにスッピンと変わらない...いや、スッピンの時よりなんか変っ!

メイクしてオシャレしてお出かけしたいのに全然メイクが決まらない時や、そもそも全然メイク映えしない。。なんて事よくありますね?

実際、メイクに悩んでいる女性は沢山います。眉毛がうまく描けなかったり、ファンデーションを厚く塗り過ぎちゃったり、チークがうまくできなかったり...と、その中でも顔の第一印象を決める重要なパーツが目元です

ここでは誰でも簡単にメイク映えできるようになる、目元(アイメーク)の方法をご紹介します。

メイクがうまくいかない原因は?

まずメイクが失敗してしまう原因は何なのか、考えてみましょう。

 

メイクが失敗してしまう原因はいくつかあると思います。

前段階として、環境が整っていないとメイクが失敗しやすくなります。暗い部屋でメイクをしていたり、小さな鏡でメイクをしていたり、メイクをする道具が汚れてたり古いものを使用していたら上手なメイクはできません。明るい部屋で、顔全体が見える鏡を使用する事で、顔全体のバランスを把握しながらメイクを行う必要があります。汚れたメイク道具では肌を汚してしまったり、アイシャドウやチークを塗ったときにムラが出来やすかったり、そもそもせっかくの綺麗な色も出せません。まずはメイクをする環境を整える事を心がけましょう(^^)

そして、自分の顔の特徴を知っておく必要があります。

一般的にアジア人の顔は欧米に比べると、鼻はそんなに高くなくて、顔全体が平たく、目も小さいです。なんだかショックですが、こればかりは人種・骨格の違いなのでどうしようもありません。。

で、

自分の顔の輪郭やパーツはどうなっているのか?です。

みんなキレイになりたくてメイクをしますよね?誰もメイクで元の顔より変になりたいなんて女性はいないと思います。だからこそ、良いところは残して足りないところをメイクで補うことが成功して、メイク映えができた♡と満足できると思います。

メイクがうまくいかなくて悩んでいる方に多く見えられる失敗ズバリ

地味顔メイク

だと思います。

目が小さくて、鼻が低くて、全体的になんだかパッとしないのが地味顔メイクの特徴です。地味ということは華がない、メイク映えできない。。という事になってしまいますよね。

地味顔メイクにならないポイントは足りないところをしっかりと補うこと!

鼻筋をつくるようノーズアイシャドウを入れて、目元を大きくみせるためのアイメイクが大切です。

アイメイクは少し手を加えただけで全然違う印象の雰囲気を出すことができます。クールな目元やキュートな目元、色っぽさも出せたりと、様々な印象を与えるメイクができるパーツが目元でありアイメイクです。

顔の第一印象を決める重要パーツでありながらメイク映えにも関係しているポイントのアイメイクについて詳しくみてましょう♪

 

アイメイクの基本

ナチュラルなメイクや、派手なメイク、T.P.Oに合わせたメイク、その時々で流行しているメイクなど色々ありますが、基本は同じです。

【使う道具】

・アイシャドウ

・ビューラー

・アイライナー

・マスカラ

【アイメイクの基本的な順番】

① アイホール全体にアイシャドウを塗ります。

アイシャドウの色は自分に似合う色を使ったり、なりたい雰囲気の色を選ぶことが大切です。アイホールに色をのせるときは、指の腹を使うと上手くできます。まぶたの際の部分に色をのせる時はチップの細いものを使用すると良いです。

②アイシャドウを塗ったら、次にビューラーでまつ毛をカールさせます。

この時、まつ毛の根元からしっかりと持ち上がるようにカールさせる事が重要です。

③まつ毛をカールさせたら、上まぶたのまつ毛とまつ毛の間を埋めるようにアイライナーを引きます。

鏡を下において、のぞき込むようにすると目がうっすら開いた状態でラインを引く事ができます。目の粘膜を埋めるようにしてラインを引くのも、目力をUPさせるのに効果的です。はっきりくっきり強めに目元を印象付けたい場合は黒色を使って、更に下のまつ毛もラインを引いたりします。優しく、ナチュラルにしたい場合は茶色を使ったり、個性的にしたい場合はカラーでラインを引くのもOKです。

④最後にマスカラを塗ります。

 

マスカラには色の他にもボリューム感を出したり、まつ毛を長くキレイにみせたり、カールを持続させるタイプや皮脂や汗・水に強いウォータープルーフタイプのものなど沢山の種類が出ています。自分のメイクの目的に合ったタイプのマスカラを選ぶようにしましょう。

アイメイクを成功させるポイントはなんといってもマスカラです!

なぜならメイク映えしたい目元の”アイメイク”の中で、唯一立体的な部位がまつ毛だけだからです。

立体的であるまつ毛を更に立体的にする事で、目を大きく見せる事ができます。

コレがメイク映えのしない地味顔さんから脱却するコツだったんです!

女性にとってのまつ毛はやっぱり重要!

アニメやキャラクターの中でも女性か男性か(メスかオスか)をわかりやすくするために”まつ毛”を強調しているのをご存知でしたか?

可愛らしさや女性らしさを表すのにも使われる”まつ毛”って、やっぱり重要なパーツですね!

アイメイクでも書いたように、 目元をより立体的に魅力的にするためマスカラを使うことで、自まつ毛の存在感を更に増すことができます。

しかし!!

そもそもの自まつ毛は短かったり、少なかったりしてしまってはビューラーも上手くいかないし、マスカラの付きも悪くて元も子もありませんよね。

女性らしさの要であり、メイク映えにも必死なパーツである”まつ毛”をまずはなんとかしなくちゃ!ですね。

次に”まつ毛”をフサフサで長ーくする方法をご紹介します。

フサフサまつ毛で目元を大きく

まつ毛を増やすにはいくつかの方法があります。

手軽に挑戦できるのは「つけまつ毛」ですね。安価で手に入って自分の好みで付けられます。

でもコレ、だいぶ難しくて根気が必要です。テクニックが必要になってしまいます。

もう一つは「まつ毛エクステ」です。サロンで施術してもらえるので自分の技術は入りませんし、ものすごく華やかになります。メイクオフでも目元はばっちりフサフサです。

でもコレも、お金はかかるしメンテナンス大変だし、角膜を傷つけるリスクもあります。サロンスタッフの技術によっては高いお金を出したのに失敗してしまう場合もあります。。

そこでおススメの方法が「まつ毛美容液」です!!

つけままつ毛やエクステのような即効性はありませんが、確実に安全に自まつ毛を伸ばす事ができます。難しいテクニックとか、誰かにお願いする時間も必要ありません。自分でササっとまつ毛をケアする事で今よりもフサフサで長いしっかりとしたまつ毛を手に入れる事が出来ちゃうんです☆

まつ毛美容液をおススメするのには、実はまだ理由があります。

美容液で自まつげを伸ばすメリットは?

美容液を使って自まつ毛をケアすると、自まつ毛が伸びる事はもちろんですが、伸びて生き生きとしたまつ毛にビューラーがかけやすくなります。そして、まつげ1本1本がしっかりとするのでマスカラがつけやすくなるのです。また、美容液のおかげで自まつ毛が増えて伸びた分、マスカラを使用した時の目元の華やかさも一段と増して魅力的になりますね。

その他にもまつ毛美容液によっては、”眉毛”にも使用する事できます。

最近では眉毛にもエクステをつけたりして形を整えていますが、まつ毛美容液1本まつ毛や眉毛もフサフサになれたらお得だし嬉しいですよね♪

自まつ毛は比較的しっかりしてるから私には関係ない。なんて考えている方も中にはいると思いますし、美容液のメリットを知っていながらも使用していない女性は多いと思います。

ですが、まつ毛美容液の使用は全ての女性に当てはまると言っても良いかもしれません。

なぜなら、アイメイクに必須であるビューラーをしたり、メイクオフの時にマスカラを必死にとったり、なんとなくまつ毛を擦っていたり…と日々の生活の中で自まつ毛にストレスを与えてしまっているからです。ストレスを与え続けられたまつ毛は短く切れてしまいますし、弱弱しくなってしまいます。

今はまだ大丈夫だから...

では遅いですね。今のうちからのまつ毛ケアが大切になります。

是非皆さんも、美容液で自まつ毛のケアをしてメイク映えしない悩みを解決して、更にスッピン美人で元からキレイになりましょう♪

Facebookで最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です