埋没法で二重がとれる方におすすめ!施術種類と選び方・値段を比較!

せっかく埋没法をして二重になったと思ったのに、とれて一重に逆戻りなんて経験はありませんか?

もしかしたら行った埋没法が合っていないという場合もあるんですよ。

じゃあどんな方法がいいの?やるにしてもやっぱり料金は高い?など不安も感じるのではないでしょうか。

そこで埋没法が取れてしまった方におすすめの施術方法や料金を解説していきたいと思います。

 

埋没法ってどんなもの?

施術を経験されている方はわかるかと思いますが、まずはじめに埋没法とはどんなものかみてみましょう。

 

埋没法とは

簡単に言うとメスで切らずに、針と糸で二重にできる施術のことです。

特徴としては

・切開法よりも腫れが少ない

・ダウンタイムが短い

・短時間で施術ができる

・効果がすぐに実感できる

などの特徴がありますね。

 

どのように二重にするのかいいますと、大きく分けると2種類あります。

 

1つ目は「瞼板法」です。

瞼板法は一般的に図の赤い部分のように、まぶたの裏にある瞼板というところに糸で皮膚を結びつけて二重にします

メリットとしては施術が比較的容易であること、デメリットはまぶたの裏に糸が露出するため、目にゴロゴロした感じが残る場合があることです。

糸が露出していると、糸を異物として認識してしまい目ヤニが増えることや、眼球や角膜を傷つける場合もあります。

病院によっては瞼板法でもまぶたの裏に糸が露出しないように施術できるところもあります。

 

 

2つめは「挙筋法」です。

挙筋法とは、瞼板の上にある眼瞼挙筋という筋肉に糸を結びつける方法です。

メリットは眼球に接しない部分なので、眼球や角膜を傷付ける心配がありません。

デメリットは手術が難しく医師の技術が必要なこと、手術後に最初は引っ張られるような感じが残ることがあります。

 

そして「瞼板法」「挙筋法」で結びつける場所は1か所~5か所と人によって様々です。

まぶたの厚さや脂肪の量によって異なりますし、その人に合ったラインになるように止めていきます。

 

 

どうして埋没法は取れてしまうの?

せっかく施術したのに糸が取れて、一重に逆戻りになってしまうのは困りますよね。

どんな場合に埋没法がとれてしまうのでしょうか。

 

原因その1 施術とまぶたのタイプが合っていない!

まぶたが厚い、まぶたの脂肪の量が多い、目がくぼんでいる方はとれやすい傾向にあります。

埋没法は皮膚を折りたたんで瞼板や眼瞼挙筋に糸で固定し二重にするわけですから、折りたたむ皮膚が厚かったり、重たかったりすると糸が耐え切れずにとれてしまうことがあります。

 

原因その2 施術方法の問題

二重のラインを幅広くしている場合も、糸にかかる負担が大きいためとれやすい傾向にありますね。

 

原因その3 生活習慣の問題

普段の生活習慣でも、埋没法がとれる原因となることがあります。

花粉症やアトピーなどで目をこするくせがある、洗顔やメイクを落とす際に強く洗ってしまう、コンタクトを長時間使用している、目元のマッサージをよくしているなども埋没法がとれる原因となる可能性があります。

 

原因その4 強い衝撃が加わった場合

目に何かがぶつかってしまったり、目をぶつけてしまうなど、目になんらかの衝撃が加わった際にもとれてしまうことがあります。

 

原因その5 糸や施術不良

こんなことがあるのは施術を受ける側からみると憤慨することですが、場所によっては質の悪い糸を使用している場合や糸の結び方がゆるかったり、悪かったりすることがあります。

 

以上のような原因で埋没法がとれてしまうことがあります。

 

気になるひよこ
埋没法はどのぐらい効果が続くの?

 

効果の長さは人によって様々なようです。

2年ほどでとれて元の一重に戻ってしまうこともありますし、10年以上キープしているという方も中にはいます。

これに絶対当てはまるというわけではありませんが、3~5年の間に20~30%の方がとれてしまうというのが一般的な確率になっています。

 

先ほどお伝えしてきた原因が組み合わさって、埋没法がとれてしまうんですね。

 

 

 

二重にするには他にどんな方法が?

では埋没法がとれてしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

一度、二重になってしまうと、またアイプチやアイテープをする生活にはなかなか戻れませんよね。

どのような対策があるのでしょうか?

 

対策その1 埋没法に再チャレンジ!

「え?また埋没法?とれたのに?」と感じるかもしれませんが、埋没法は色々な種類があるんですね。

従来は点でとめている埋没法が多かったのですが、今は線でとめる方法があります。

従来はこのように2点、3点という点で糸を結び固定していました。

 

 

現在はこのように様々な結び方で、ライン上を線で結んでいくことができます。

このように線で結ぶことで、今までは点で支えていたまぶたを面で支えることができるんですね。

そのため動きに強く、安定した二重のラインを保てます

 

この埋没法の場合は医師の高い技術が必要とされます。

糸をきつく締めすぎて腫れがひどくなってしまうこともありますし、逆に糸が緩すぎると効果がでない場合やまぶたにポコポコと凹凸ができてしまうことがあります。

 

 

対策その2 部分切開法

まぶたが厚かったり、脂肪が多かったり、目に負担をかけてしまう生活習慣だったりなど理由は様々ですが、埋没法がとれてしまったり効果を感じられない場合は「部分切開法」というのもあります。

 

部分切開法とは二重のライン全部ではなく、黒目の部分約1cm程度を部分的に切開して二重を作ります

なるべく腫れを抑えたい方やダウンタイムが長く取れない方に向いていますね。

しかし目頭や目尻の方まで、しっかりとした二重のラインがほしいという方には向いていません。

 

 

対策その3 全切開法

まぶたが厚い、脂肪の量が多くて目が腫れぼったい、しっかりとしたラインがほしいという方には全切開法がおすすめです。

挙筋腱膜と眼輪筋を縫い合わせて繋げるので、しっかりとした二重になりますし、ラインも長持ちします。

しかしデメリットもあり、切開の幅が長いので腫れてしまいますし、ダウンタイムが長いです。

また埋没法は糸で結ぶだけなので、ラインが気に入らなければ修正が可能ですが、切開法はメスで切るわけですから、ラインが気に入らないと思っても修正が難しいです。

 

 

施術料金はどのぐらい?

では施術費用はそれぞれどのくらいなのでしょうか?

 

埋没法

線で縫い合わせる埋没法は10~30万ぐらいの病院が多いですね。

点で固定する埋没法はもっと安いですが、点での埋没法でとれてしまう方は、安いからといって点の埋没法を繰り返すとまぶたの負担が大きくなってしまいます。

 

部分切開法・全切開法

部分切開法は20~25万円、全切開法は少し高くなり25~30万円ほどが相場ですね。

部分切開でも全切開でもものすごく料金がかけ離れているところは少ないです。

 

 

おわりに

埋没法をしたけどとれてしまった、効果が長続きしないという方は、もしかしたら自分に合った埋没法ではないかもしれません。

まぶたの状態は人によって様々です。

まぶたが厚いのに2点止めを行ってすぐにとれてしまうなど、自分に合った施術じゃなければ効果は続きませんよね。

きれいな二重を持続させるには、まず自分に合った方法を選択することが出来るかにかかっています。

そのためには技術があり、信頼できる医師としっかりとしたカウンセリングを行って、安心の施術を受ける必要がありますね。

自分に合う病院で、自分にあった施術を受けて、理想の二重を手に入れましょう。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Facebookで最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です