浮腫みに効く人気のサプリメント一覧

『あー、なんか今日むくんでるよー。足なんかパンッパン』

 

誰でも一度は浮腫みを経験されたことがあるのではないでしょうか?

食べ過ぎたり飲み過ぎた翌日、朝起きたら顔がパンパンになった…

夕方になるといつも脚がパンパンで靴がキツイしなんだかダルイ…

一体むくみの原因ってなんでしょうか?

浮腫みの原因て何?もしかしたら病気かも!?

 

浮腫みの箇所(身体の一部分だけ、全身的)や程度は個人によって違いもあります。もしかしたら病気かも!?と不安になる事もありますよね。では浮腫みの原因とは一体何なのでしょうか?

【浮腫みの原因】

そもそも浮腫みとは「組織液またはリンパ液が何らかの原因によって、過剰な水分をが身体に貯留した状態」とされています。

人間の身体の60%は水分です。
この60%のうち、3分の1は細胞の外にあるので「細胞外液」と呼ばれ、残りの3分の2は細胞の中にあるので「細胞内液」と呼ばれています。

前者である細胞外液の8割は細胞と細胞の間に含まれている「間質液」という水分でできています。間質液は細胞同士の間にある隙間を流れながら、毛細血管から細胞に必要な酸素や栄養素を届けたり、不要な老廃物を静脈にあるリンパ管や毛細血管へ戻す役割をしています

役割を果たした間質液は静脈やリンパ管へ回収されていきます。
また間質液は全体重の約15%を維持するように身体ががバランスを保っています。

血液は心臓から全身へと送り出されて心臓に戻ります。
血液の流れは重力の影響を受けるため、下半身の静脈の流れは重力に逆らう形になります。心臓から遠い場所である事と重力の影響により、足から心臓へと戻る量が少なくなってしまうので、足が浮腫みやすい状態が起きているのです。

このように身体の中で水分や老廃物などを排出するバランスが崩れることによって、過剰に水分が貯留した状態を作り、浮腫みとして現れているのです。現代人は食生活の乱れやストレスなどからもむくみを生じやすい状態にいます。

むくみってこんなひとがなりやすい

むくみを生じやすい人の特徴としては以下の事が考えられます。

1.同じ姿勢でいる

長時間立ったままの姿勢でいたりやデスクワークにより座ったままの姿勢でいると、血液の流れは重力の影響に加え、足にある筋肉の働き(筋ポンプ作用)が少なくなります。このように正常な血流が妨げられることで間質液が滞り、むくみが生じやすくなります。

※筋ポンプ作用とは…心臓から全身へ向かう血液は心臓のポンプ作用を受けますが、全身から心臓へと戻る血液は心臓のポンプ作用の影響が少なくなります。そのため、筋肉の収縮による力を使って心臓へと戻ります。

2。筋肉が少ない、衰えている

筋肉が衰える事により、筋ポンプ作用が弱くなり血液の流れが悪くなってしまいます。血流の流れが悪くなるとむくみを生じやすくなる流れは、同じ姿勢でいる状態と同じです。また、リンパの流れは筋肉の収縮により増加するため筋肉が衰えてしまうとリンパの流れが滞り、むくみやすくなります。

3.身体が冷えていると感じる

寒くなると、身体と同じように血管も縮こまるため、血液やリンパがスムーズに流れることが出来なくなってしまいます。血液が全身に十分に渡らない(血行が悪くなる)と、水分や老廃物の回収が滞ってしまいます。排出出来ない水分や老廃物はむくみにつながってしまうのです。

4.塩分を取りすぎてしまう

身体の塩分量は濃度が決められています。
塩分を取り過ぎてしまうと体液の濃度を薄めるために水分を大量に摂取しようと反応します。

余分な塩分と水分を摂取する事で体液(血液)が増えて、バランスが崩れてしまうので、水分が毛細血管から染みだしてむくみが生じてしまうのです。では、塩分を多く取っても水分を我慢すれば済むのかな?と思いますが、思った通りにはいきません。

塩分を多く取ると、水分を取らなくても体内の塩分量を下げるため、元々体の中にある水分を外に出さないように貯め込んでしまいます。結果、水分は体外に排出されずにむくんでしまうのです。

また、塩分を取り過ぎても腎臓が正常の人では徐々に排泄しようと身体が働きます。しかしすぐには調節できずに時間(1~3日)かかってしまうため、体液量はしばらく多いままです。このことからも塩分の取り過ぎは気をつけた方が良いといえますね。

5.お酒(アルコール)を飲み過ぎてしまう

アルコールには利尿作用があります。

そのため、体の水分をどんどん尿として排泄するため体は脱水状態となります。脱水状態になると脳から水分を摂取するように指令が出るため、水分の過剰摂取やもしくはアルコールの過剰摂取という悪循環となりむくみの発生につながってしまうのです。

また、アルコールにはミネラル分を体外に排出させてしまう作用や血管そのものを拡張する作用があるため、体液内のバランスを崩してしまいむくみを助長させやすくなるのです。

6.低栄養状態(タンパク質、ミネラル、ビタミンの不足)

タンパク質の不足
人間の身体は血液中のタンパク質(アルブミン)の量を常に一定に保つことで、毛細血管と細胞間の循環血液量を維持しています。タンパク質が不足する(低アルブミン血症)ではこの均衡が維持できなくなるため、細胞に余分な水分が流れ込んでしまいむくみを引き起こします。

ミネラルの不足
体内のミネラル不足によって水分不足が起きてしまいます。すると、バランスが崩れやすくなり全身のむくみにつながります。

ミネラルにはいくつかの種類があり、その中でもむくみと関係しているのは「カリウム」、「マグネシウム」、「カルシウム」です。カリウムはミネラルの中でも塩分であるナトリウムを排出する作用があります。また心臓や筋肉の機能にも関わり、血液やリンパ液の流れとも関係しています。

カリウムが不足して体内のナトリウムが多くなると、むくみやすくなるのはアルコール摂取の状態と同じですね。
次にマグネシウムには筋肉の運動を助ける機能と、利尿作用があるため排尿を促し体内の無駄な水分を出すことができるのです。最後にカルシウムは、むくみに良いという事は知られていませんがミネラルの一つなのでむくみにも関係しているのです。

ビタミンの不足
ビタミンB群は各細胞に栄養を届け、老廃物を回収して代謝をスムーズにするために重要なビタミンです。

7.ストレス

ストレスが溜まると、身体が緊張状態になるため交感神経の作用により血管が収縮します。すると血液の循環が悪くなるだけでなく、血管から水分がしみ出すことでむくみに繋がってしまいます。また身体をストレスから守るためにホルモンが分泌されます。このホルモンが体内にナトリウムを蓄積しやすくするのと、水分の排泄を正常にできなくなってしまうためにむくみやすくなってしまうのです。

 

こんなマッサージや運動が効果的!

むくみを引き起こす原因には様々なものがあります。むくみを解消するには、それぞれの症状にあった対処をすることが大切です!

ここでは「同じ姿勢でいる時間が長い」ことや「足の筋力が弱い」事で引き起こしてしまうと考えられる”むくみ”に対して効果的な方法を紹介します。

≪同じ姿勢でいる時間が長い≫

同じ姿勢でいる事で重力に伴い下にさがってしまった血液を心臓にもどしてあげましょう

☆足のマッサージ:リンパの流れに沿って、足の指から足首、ふくらはぎ~膝裏にかけて両手でさするようにマッサージをして、老廃物リンパに流してあげましょう。入浴中に行うと効果的です♪

 

☆壁に両足を挙げて寝てるだけ:就寝前や足がむくんで気になるけどマッサージとか運動とかしてる時間がない方におススメです♪

 

☆座ったままの姿勢で足の指でジャンケン

☆座ったままの姿勢で足首をぐるぐる回す

☆座ったままの姿勢でつま先立ちと踵上げを繰り返す

 

 

☆座ったままの姿勢で膝を伸ばしたり曲げたりを繰り返す

☆立った状態でつま先立ちと踵上げを繰り返す ※バランスを崩さないように何かに掴まったりしながら行うと安全です。

≪足の筋力が弱い≫

筋肉が少ない事が原因として考えられる方はとにかく筋力をつけることが重要です。日常生活の中で、意識的に歩いたり階段を使用する事で忙しくても手軽にむくみを撃退しましょう。

☆ウォーキング:簡単に出来て効果的なのは、ウォーキング。歩くことで効率よく足の筋肉をつけることが出来ます。

☆階段の昇降:階段を昇る時にはふくらはぎを使いますし、降りる時には太ももの筋肉を使います。足にしっかりと筋肉をつけることが出来ます。

 

 

むくみ解消に必要な栄養素や摂取できる食べ物はコレ!

ミネラル(カリウム、マグネシウム、カルシウム)が豊富な食べ物

ミネラルは体内の水分の調整してむくみを解消するのに重要な成分です。

①カリウム

・キノコ類

・豆類

・ほうれん草
・アボガド

・さつまいも

・バナナ

・プルーン

・スイカ

・アーモンド

《カリウムを含んでいる飲み物

・抹茶

・トマトジュース

②マグネシウム

・ひじき

・ココア

・大豆

・黒ごま

・玄米

③カルシウ

・牛乳等の乳製品

・チーズ

・煮干し

・小松菜

・大豆製品

酸味の強い食べ物

酸味のある食べ物にはクエン酸が含まれており、クエン酸は老廃物の排出を助ける役割があります。

・トマト
・グレープフルーツ

ビタミンEで血行を促進

血管を広げて血行を促進する作用があるため、むくみへの効果が期待できます。

・かぼちゃ

・モロヘイヤ

・アーモンド

・松の実

ビタミンB1を多く含む食品

ビタミンB群は身体の老廃物を回収して代謝をスムーズにしてくれます。

・豚ヒレ肉

・豚もも肉

・うなぎ蒲焼き

・きな粉

・大根

・ひまわりの種

・バナナ

タンパク質を食べて、むくみにくい身体をつくる

むくみの原因の一つである筋肉不足を解消するためにも、筋力が弱いと感じる人はタンパク質も摂るようにしましょう。

・肉

・魚

・玉子

・豆

・乳製品

効果のあるサプリメント一覧

・むくみに効く栄養素を手軽に簡単に摂取したい!

・仕事が忙しくてむくみに効く料理を作る時間がない!

・いろんな成分を効率的に摂取したい!

そんな方はサプリメントの活用がおススメです♪

最後にむくみに効く人気の商品をご紹介します。

☆するるのおめぐ実

主成分:明日葉、トウモロコシのひげ、赤ぶどうの葉、乳酸菌

☆美スラリッチ

主成分:ヒハツ、シトルリン、緑茶カテキン

☆するっと小町

主成分:明日葉、コーンシルク、赤ぶどう葉、メリロート、赤ショウマ

☆メグリス リコピンプラス

主成分:カリウム,メリロート,赤ブドウ葉,明日葉,コーンシルク,リコピン

 

自分のむくみを起こしている原因を理解し、対処する事でむくみの悩みを解消しましょう。

 

 

 

 

Facebookで最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です