生理前のニキビや肌荒れ対処におすすめな食べ物や漢方薬

また肌トラブル。

年齢を重ねてもずっと美しくありたいというのが永遠のテーマかもしれません。
そんな思いとは裏腹に生理前になると肌トラブルが増えてきますね。

しかも、生理周期の時期によって肌トラブルも様々な変化もあり個人差もあります。
なので肌に対する悩みは人それぞれです。

肌トラブルの原因と対処方法など解説していきます。

 

気になるひよこ
女性って生理周期によって体調の変化にともなる肌トラブルがたくさんあって大変そうだね。ところで僕ってオスだっけメスだっけ
クマ先生
そうなんです。日によって PMSのところでも説明したけど、生理周期によって身体だけでなく心の状態も変わってきます。改善するためにまずは自分の状態を自覚することも大切です。

女性の生理前の肌トラブル!あなたの肌症状はどれ?

クマ先生
人によって女性の肌トラブルは違いがありますがあなたは一体どんな症状ですか

女性が悩む肌トラブルの種類はコレ!

・生理中に肌がとても乾燥する。
・毛穴が広がって目立ってしまう。
・アゴのまわりにニキビができやすい。
・ベタつきと乾燥肌を繰り返す。
・生理前になるとシミが濃くなる。
・肌がほてってしまう。

女性の肌トラブルには上記のものが多くあります。
肌トラブルの要因は様々ですが、女性ホルモンが原因の場合は時期によってトラブルの症状が違います。

女性ホルモンといっても2種類あります。
エストロゲンとプロゲステロンをいうホルモンがあります。

 

肌荒れのできる場所が変わるというのはこの2つの女性ホルモンのバランスが関係していることが多いのです。

 

エストロゲンは女性の美に関係するホルモンでこれが分泌されている間は、肌のコンディションが好調。

 

逆にこのホルモンの分泌が少なくなり、プロゲステロンの分泌が多くなってくる頃は肌の調子があれがちになってきます。

このプロゲステロンの分泌の多い頃には肌荒れに対するアプローチを積極的に行っていきましょう。

 

 

でも、自分の生理周期はだいたいは把握しているかもしれないですが、あんまり詳しく理解している人は少ないんじゃないでしょうか?

 

次は女性ホルモンの分泌のリズムやその時期の肌のコンディションなど解説して行きます。

 

女性ホルモンのリズムと肌の状態を理解しましょう!

気になるひよこ
エストロゲンとかプロゲステロンとかなんか難しい言葉がたくさんでてきてわけがわからないよ
クマ先生
ちょっと難しいかもしれないけれども、カレンダーを使いながら説明していくよ

体の仕組みの解説なのでちょっと難しい言葉も出てきますが、できるだけ解説して行くので一緒に学んで行きましょう!

先にも説明しましたが女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンがあると説明しました。

エストロゲンは卵胞が成長して行く過程で放出されます。
一方排卵の時に、卵子が飛び出した後破れた卵胞から出て来るのがプロゲステロンです。

肌や髪にツヤを与えたり、病気を予防したりするのがエストロゲン。

 

一方でプロゲステロンは体に体に水分をためむくみの原因になったり、食欲の増進。基礎体温を上昇させる働きがあります。

 

この2つの女性ホルモンは下のカレンダーのように、量が変化します。
それに対する肌の変化やスキンケアは以下の通りになります。

生理周期と肌の状態

卵胞ホルモン = エストロゲン
黄体ホルモン = プロゲステロン

生理周期は個人は多少ありますが、28日周期です。
時期によって呼び方が変わってきます。
また時期によってトラブルの対処法も変わってきますのでそれも解説していきます。

月経期(1〜5日)
この頃は肌の状態は体から水分が失われ、急にドライ肌になり乾燥が気になる時期となります。

肌が乾燥の状態が続くため、美容オイルやセラミド、ヒアルロン酸配合のクリームを使うのがよいでしょう。
最近ではボディクリームなどたくさんの種類が販売されていますので、保湿剤選びも楽しくなります。

卵胞期(6〜12日)
この時期は美肌に関係するホルモンのエストロゲンが分泌され始めるため、コラーゲンやセラミドの生成が盛んになります。
肌の調子は上向き調子です。

この時期は特別ケアは必要ないのでいつもどりのスキンケアでコンディションを維持しましょう。

排卵期(13〜16日)
この時期はエストロゲンの分泌量が減少していく時期なので、肌の調子は少しずつ下がり調子になっていきます。
なので黄体期に向けて徐々に肌荒れが目立ち始めます。

この頃はベタつきが強くなるため、さっぱり系のコスメに変えて行くことがおすすめです。

黄体期(17〜28日)
黄体期は肌のコンディションが一番悪くなる時期、プロゲステロンの量が増加しベタつきやニキビができやすくなります。
もちろん肌もベタつきやすいのであっさりしたスキンケア用品を使いましょう。
肌の防御機能も弱っていますので、肌に負担のかかるスクラブやピーリングなどはできるだけ避けるようにしましょう!

 

肌の状態を維持するためにスキンケアもとても大切ですが、体の表面だけじゃなく内側からもアプローチして行きましょう!

 

生理前や生理中のおすすめの漢方や食べ物は?

生理中や生理前には以下のような漢方が市販で販売されているのでおすすめです。
漢方の名前や効果は以下のとおりです。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

黄金や桔梗、甘草などの生薬が配合されている漢方薬。
肌のターンオーバーを正常に整える効果があります。ニキビや乾燥に悩む肌を改善したいときは、この漢方薬がおすすめです。また、できてしまったニキビ跡の改善にも効果的に働きます。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくどう)

荊芥(ケイガイ)、防風(ボウフウ)、柴胡(サイコ)、桔梗(キキョウ)、川きゅう(センキュウ)、茯苓(ブクリョウ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、樸そく(ボクソク)、独活(ドッカツ)という生薬が配合されています。

ニキビが熱を持ってしまった場合、化膿してしまった場合などに服用すると効果的です。胃腸の弱い人や妊娠中の人は服用に注意が必要になるため、避けた方がよいでしょう。

以下の漢方は直接スキンケアには関係ないですが、からだの不調を整え間接的に心身のストレスを緩和します。

漢方薬の名前 効果
桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)  のぼせ、肩こりがある場合。生理痛
 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)  便秘、のぼせ、肩こりがある場合に用いられます。
 当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)  冷え性、腹痛がある場合に用いられます。
当帰芍薬散料(とうきしゃくやくさんりょう)
頭重感、めまい、冷え症、肩凝りがある場合に用いられます。
五苓散料(ごれいさんりょう) 頭痛、むくみがある場合に用いられます。 単独
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう) めまいを伴う場合に用いられます。
 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)  頭痛を伴う場合
 当帰呉茱萸生姜湯(とうきごしゅゆしょうきょうとう) 冷え性や、腹痛を伴う場合。
呉茱萸湯(ごしゅゆとう) 頭痛、げっぷ、みぞおちの痞えがある場合に用いられます。
加味逍遙散料(かみしょうようさんりょう) イライラしたり逆に心気的で元気がない場合
補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 身体がだるい、眠い、下痢、神経
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 不眠や不安感などの精神症状が強いときに!
 香蘇散(こうそさん) 胃腸虚弱のため腹満、腹痛、悪心、嘔吐
抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)  イライラ、眠気、逆上、腹痛

 

こんな食べ物がおすすめ!

漢方薬だけでなく生理前や生理中には食べ物を摂取することも有効です。

イソフラボンって聞いたことはあるとおもうんのですが、イソフラボンにはエストロゲンと似たような成分なのです。

イソフラボンは大豆製品である豆乳に含まれているので摂取することがおすすめです。

しかし上限もあり、1日30mgが厚生労働省の定めている上限なので注意するようにしましょう。

 

Facebookで最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です