pmsの改善に役立つ漢方術一覧

女の子の日が近づくと情緒不安定になったり、肩がこったり頭痛がおきたりなど身体的、精神的に不調になることありますよね。

そんな生理前のトラブルに悩んでいる女性も多いかもしれません。
特に生理前の不調が複数おこる症状を月経前症候群(PMS)と言います。

PMSで人間関係や仕事がうまくいかなかったりすると気分的にもどんどん落ち込んでしまいますよね。

今回はPMSの改善に役立つ漢方薬について説明していきます。

 

PMS(月経前症候群)になる原因って何?

気になるひよこ
PMSってなんでなるんだろう?教えてよクマ先生
クマ先生
原因は諸説あるんだけど解明されいる部分もあるんだよ

PMSが起こる時期というのは生理の一週間前ほど前からで初めて2.3日前から生理開始までの間にもっとも強くなるほとが多いんです。

 

個人差はありますので排卵直後から症状が出る人もいます。

 

症状が軽くなってくるのは、生理終了後から10日ほどの間は気持ちが安定してきていつもどおりに過ごすことができます。

 

この頃になってくると肌荒れトラブルなども改善していきます。

 

なぜ、PMSの症状が起きてくるのでしょう。

 

原因には諸説あるのですが、現在では体内のホルモンバランスの変化が引き起こしていると言われています。

 

女性の生理には周期があるのでその日毎にホルモンのバランスが変化していきます。
そのホルモンバランスの変化に身体がついていかずに心身が不安定になっていくのです。

生殖活動に関わるホルモンとして、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)、乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)が存在します。

  1. 脳下垂体から、性腺刺激ホルモンの卵胞刺激ホルモンが分泌されます。
  2. 卵胞刺激ホルモン(FSH)が卵巣に届くと、卵巣のなかにある原始卵胞を刺激し、そのうちのひとつが成長をはじめます。
  3. 発育した卵胞から、卵胞ホルモンが分泌され、これが子宮内膜に働きかけて徐々に内膜を厚くしていきます。
  4. 卵胞ホルモンの分泌量がピークに達すると、下垂体から黄体化ホルモンが分泌されます。
  5. 黄体化ホルモンが卵巣に届くと、成熟した卵胞は刺激され、なかの卵子が飛び出します。これが排卵です。
  6. 排卵後、卵子が出ていった卵胞は黄体というものに変化し、黄体ホルモンを多量に分泌しはじめます。このとき、卵胞ホルモンも少量ですが分泌されます。
  7. 黄体ホルモンは、子宮内膜に働きかけ、受精卵がいつでも着床できるよう、準備をします。
  8. 受精が成立しないと、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量は激減し、子宮内膜もはがれ、経血となってカラダの外に出ていきます。

ちょっと難しい話になりましたがホルモンは、体の中のメール機能のようなはたらきをしているのです。
しかも微量で体に作用するのでちょっとしたバランスの変化で体にもさまざまな影響を及ぼしてしまうんです。

 

また、これらのホルモン以外にも生理前にはセロトニンという神経伝達ホルモンのバランスが崩れることもPMSの原因の一つと考えられています。

 

血管を収縮する働きのあるセロトニンが減少し血管は拡張します。
すると頭痛などを引き起こします。

 

プロゲステロンには水分を体内に貯める働きがあるのでむくみが起きます。
また、腸の蠕動運動などにも関与するので便秘などもおこってくるんです。

 

体の中ではこのような様々な変化が起きていますが個人差もあります。
どういった人がPMSの症状が強くあわられるんでしょうか?

 

PMSはこんな人がなりやすい!?

クマ先生
PMSにはこんな人がなりやすいので当てはまる人はチェックです

・律儀でまじめ、几帳面
・物事に執着しやすい
・完璧主義
・負けず嫌い
・酒タバコなど嗜好品や恋人など人に依存しやすい
・コンプレックスがある
・こだわりが強い
・生活リズムが不規則
・自律神経系のバランスが悪い
・我慢しやすい

などなど当てはまる人は注意しましょう!

 

あてはまっちゃったし、PMSっぽい症状もあるけれど一体どうすればいい!?

 

PMSって感じたときの対処法!

PMSは先も述べましたが、大なり小なり症状あります。
身体の調子がわるく家事や仕事がうまくいかなかったり、周囲の人とトラブルを起こしてしまうなど症状が重い場合は婦人科などを受診し相談するようにしましょう!

 

PMSについて婦人科で相談したら、内診されるかも!って人もいるかもしれないですが、そうとは限りません。

 

内診をしなければならない場合でも性交渉を行った経験がないなど不安な人は相談しましょう。

 

最近では女性の医師も増えてきているのでインターネットなどで女性医師のいる婦人科を探してみるといいでしょう!

 

病院の治療では、プロゲステロンなどホルモン剤を投与して補充し、ホルモンのバランスを整えることで症状を改善させます。

 

また、妊娠を望んでいない人であれば低用量のピルなどを使って排卵を抑え、症状を軽くする方法があります。

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが入っていて妊娠と似た状態を作り出し排卵を抑制し、排卵後に起こる症状を軽くします。

 

 

でも

『どうしても病院や薬はいや!』

って人もいると思います。

 

そんな時は漢方も効果的です。

 

PMSに効果的な漢方薬はコレ!


気になるひよこ
漢方薬っていってもどれを選べばいいかわからないよ
クマ先生
PMSに効果のある漢方薬をまとめたのでこれを参考にするといいよ
漢方薬の名前 効果
桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)  のぼせ、肩こりがある場合。生理痛
 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)  便秘、のぼせ、肩こりがある場合に用いられます。
 当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)  冷え性、腹痛がある場合に用いられます。
当帰芍薬散料(とうきしゃくやくさんりょう)  

頭重感、めまい、冷え症、肩凝りがある場合に用いられます。
五苓散料(ごれいさんりょう) 頭痛、むくみがある場合に用いられます。 単独
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう) めまいを伴う場合に用いられます。
 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)  頭痛を伴う場合
 当帰呉茱萸生姜湯(とうきごしゅゆしょうきょうとう) 冷え性や、腹痛を伴う場合。
呉茱萸湯(ごしゅゆとう) 頭痛、げっぷ、みぞおちの痞えがある場合に用いられます。
加味逍遙散料(かみしょうようさんりょう) イライラしたり逆に心気的で元気がない場合
補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 身体がだるい、眠い、下痢、神経
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 不眠や不安感などの精神症状が強いときに!
 香蘇散(こうそさん) 胃腸虚弱のため腹満、腹痛、悪心、嘔吐
抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)  イライラ、眠気、逆上、腹痛

感じだけみるとちょっと難しくて、とっつきにくいかもしれませんが効果をまとめてみたので参考にしてみてください。

漢方薬は西洋薬とちがい飲んだその日に効果があるわけではありません。
数週間から数ヶ月つづけることで自己の治癒能力を高めてくれます。

西洋薬やホルモン剤などに抵抗がある人に適しています。

 

上の表で赤文字のものはPMSに効果のある漢方薬としてかなり有名です。

 

ドラッグストアでも購入できますし、病院を受診すれば保険も適用となるので金額的負担も少なくなります。

 

自分にあった治療などを行い、PMSと向き合って行きましょう。

Facebookで最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です